English

Tetsuo Kamina Online

基本情報

氏名: 紙名 哲生

Email: kamina (at) oita-u.ac.jp

経歴

  • 大分大学理工学部 准教授。1999年、国際基督教大学教養学部理学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系修士課程、博士後期課程をそれぞれ2002年、2005年に修了、それぞれ修士(学術)、博士(学術)の学位を取得。2005.4-2006.3: 筑波大学先端学祭領域研究センター 研究員(CREST)。2006.4-2007.3: 東京大学大学院人文科学系研究科 助手。2007.4-2010.3: 東京大学大学院人文社会系研究科 助教。2010.4-2014.3: 東京大学大学院教育学研究科 特任助教。2014.4-2018.2: 立命館大学情報理工学部 講師。

  • 東洋大学総合情報学部 非常勤講師(2012-2013年)

  • YRPユビキタス・ネットワーキング研究所非常勤研究員(2006年4月−2010年3月)

学会などの活動歴

研究費獲得状況

  • 研究代表者:
    • 科研費 基盤研究(B): 仮想空間と現実世界の融合を支援する反応的計算基盤の構築 (2021-2024年度)
    • 公益財団法人 栢森情報科学振興財団 平成30年度研究助成: 時間変化する値を扱うデータベースシステムの実現法に関する研究 (2019-2020年)
    • 科研費 基盤研究(C): 環境と密に繋がるソフトウェアの開発を支援する新たなプログラミングの基盤技術 (2017-2020年度)
    • 科研費 基盤研究(C): 文脈指向プログラムの深化と応用に関する研究(2013-2015年度)
    • 科研費 若手研究(B): 動的モジュールを持つプログラミング言語におけるソフトウェア検証機構 (2011-2012年度)
    • 科研費 若手研究(B): 効率的な高信頼性ソフトウェア開発のためのプログラミング言語の研究 (2008-2010年度)
  • 研究分担者:
    • 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE):ユビキタスID技術の相互運用性に関する研究開発(2009-2010年度)
    • 科学研究費補助金 基盤研究(A): 生産性と安全性向上のためのアスペクト指向ソフトウェア開発に関する研究 (2007年度)
  • 連携研究者:
    • 科学研究費補助金 基盤研究(A): ポスト・アスペクト指向時代の階層的分割と横断的分割を統合するモジュール化の研究 (2010-2013年度)
    • 科学研究費補助金 基盤研究(A): 生産性と安全性向上のためのアスペクト指向ソフトウェア開発に関する研究 (2008-2009年度)

Upcoming Events

Recent Past Events